更年期に効く食べ物やよくある症状とは

更年期とは、簡単に説明すると閉経を挟んで前後10年の時期の事です。平均の閉経年齢は約50歳と言われていますが、最近は早い人でも30代からでも見られます。

標準では、45歳から55才辺りが更年期に差し掛かりますが、個人差もあります。その更年期の症状も様々ですが更年期症状がひどい人だと日常生活にまで支障があります。

更年期障害の症状にはどのような症状があるの?

f76210a3957c55da0a74d7149e19f6a5_s

40代に入ると女性の生理不順がみられる人もあります。
閉経に近づくと卵巣の働きが低下する為、女性ホルモンのエストロゲンの量が少なくなります。
エストロゲンの減少とともに身体に出てくる症状も様々です。

更年期の障害で見られる症状

月経異常の周期が短くなったり、長くなったり、不規則な出血、

自律神経失調症でのぼせ、ほてり、発汗、冷え、ドキドキする、血圧の変化等、精神神経症状では、物忘れ、集中力の低下、不眠、イライラ、孤独感、頭痛等がみられます。

更年期の中期から後期に見られる症状では、膀胱の衰え、頻尿、尿の我慢が出来ない、筋肉、骨格系の衰えでは、子宮脱、肩こり、皮膚の衰えのシミ、シワ、たるみの等の症状があります。

更年期って予防できるの?

女性ホルモンの働きに似ているといわれているエクオールという成分があります。

エクオールとは、大豆由来の物で、女性ホルモンであるエストロゲンと似たような働きをしています。

スーパーイソフラボンとして医療業界から注目を浴びています。

エクオールを体内に摂りいれる事で更年期障害の緩和、骨祖しょう症の予防、シミ、くすみ、美肌の改善への効果があるのです。

30代からでも若いうちから更年期の症状がみられる人もあります。若年性更年期障害はダイエット、睡眠不足、生活習慣病等が原因で卵巣機能が低下して

女性ホルモンの分泌が乱れるために起こります。エストロゲンの減少によっておこる更年期障害や骨祖しょう症等を改善するには、

エストロゲンと似たようなサプリメントを摂取すればよいのです。

参考サイト 更年期サプリでつらい症状を軽減!話題の成分はこれ!

サプリメント以外で更年期障害に良い食べ物

更年期障害になる前、なっている今でも意識してビタミンB1を毎日摂りましょう。豚肉はビタミンB1を多く含み美容にも良く脂も少ないので積極的に食べましょう。

その他では、ウナギのかば焼き、玄米、落花生等が良いです。

イカもお勧めです。イカに含まれるタウリンには血液を補う働きがあります。

女性の閉経に伴う更年障害の緩和を助けます。

ザクロ、シジミ、ブロッコリー、ニンニク等を積極的に食べましょう。

女性にとって避けては通れない更年期障害ですが、サプリメント、食事の質を高める事で更年期障害を和らげてくれます。

今から、正しい食事、サプリメントを摂りましょう。

明るく健康で楽しい更年期を過ごす為には、更年期の正しい知識と対策が必要なのです。