女性の更年期時期に起こる高血圧に対する3つの改善方法

女性が更年期を迎えると、いろいろな体の症状に悩まされますね。高血圧もそのひとつで、毎日の生活習慣で改善しましょう。

高血圧はストレスが一番の敵

dde322c3634d102471c08d64d45d6fa4_s

高血圧で一番良くないのがストレスが溜まることです。子供が大きくなると今までとは違うストレスを受けることがあります。

ストレスというのは考え方でかなり軽減されます。人と比べることをやめて、自分の楽しみを見つけている人はストレスも軽くなります。

またこの時期は親の介護の問題でストレスを感じる主婦もいます。ひとりで悩まないで、市役所には相談員の方がいますので話してみましょうね。

肥満も高血圧にはよくない

中性脂肪が多くなると、血圧が上がってきます。美味しいものを食べるのをやめるとまたストレスがたまるので、好きなものを食べながら痩せましょう。

お昼に美味しいランチを食べたら夜は軽めに。食事だけでなく、運動して筋肉をつければ太りにくい体質になります。

筋肉ができてくると、代謝がよくなり脂肪燃焼する力に差ができます。

同じように動いていても、代謝がよくなれば体重の調整ができますよ。

塩分を控えめに

塩分を控えめにするのも、女性の高血圧改善に効果があります。ラーメンやうどんのスープは残して、漬物も少しにしましょう。

まためんたいこや干し魚、キムチなど食材に塩分が多いものもあります。フライや揚げ物のソースもできるだけ量を減らしましょう。

塩分を外に出す力があるカリウムをとることも大切です。納豆、ほうれんそう、こんぶ、わかめ、ひじき、切干大根、煮干しに多く含まれています。

冷え症の改善

体が冷えると、高血圧の症状がひどくなります。特に下半身を温めておきましょう。腹巻をしたり、ちょっと厚めの靴下をはきます。

気をつけることは、おしゃれな服装でもきついものは避けるということです。血行が悪くなり、体が冷えやすくなります。

足裏や、ふくらはぎのマッサージ、軽いストレッチも冷え症には効果があります。

血圧が気になったら、毎日血圧計で測ることが大切です。

急な変化があった場合は、医師に相談しましょう。

血圧が上がった時に、頭痛や腹痛、めまいなど他の症状があれば医師に話してくださいね。

血圧が安定していても、毎年の健康診断は重要です。

もしも病気が見つかっても、初期であればほとんど問題なく過ごすことができるからです。

脳卒中や動脈硬化など血圧が原因で重い病気になることは多いので、血圧の管理は重要です。