更年期でイライラ!自分でできる予防対策とは

更年期になると女性ホルモンが急激に減ります。女性ホルモンのエストロゲンは精神を安定させる働きを持っていますので、エストロゲンが減ったことによりイライラしてしまうのです。

女性特有の病気、更年期は女性で生まれたからには避けては通れません。周りには明らかに更年期症状でイライラしている人をみると自分はあんなふうになりたくないと願ってしまいます。

そもそも更年期は閉経の時期の10年前後に現れる症状です。

ほとんどの方は45歳~55歳ぐらいに該当すると言われます。症状は人それぞれですが、ほてり、急激な発汗などのホットフラッシュは有名です。やる気がない、イライラ感などの精神状態にも現れます。

イライラしてしまう理由

46f3dec77d22fb3a26cac9e0e5568f9a_s

理由は、自律神経の混乱によるものです。更年期で働きの悪くなった卵巣に対して脳下垂体が指令を出すのですが、このとき隣にある自律神経までもがあおられて混乱してしまうのです。

自律神経は内臓の働きや呼吸、体温調整などを維持する神経で、交感神経を副交感神経からなっています。

交感神経は体を活動的にし、副交感神経はリラックスさせます。混乱した自律神経のせいで体温が急に上がったり、鼓動が早くなったり、頭痛やイライラなどが起こるのです。

対処方法

自律神経に適度な刺激を与えて、脳下垂体の混乱に影響を受けるスキをなくしてしまえばいいのです。夢中になれる趣味を作ったり、新しい友達を作って交流など、なんでもいいのでわくわくするようなことにチャレンジするといいでしょう。

活動的になると交感神経と副交感神経との切り替えがスムーズになり、体調も気持ちも落ち着きます。実際に多趣味の人は更年期障害の症状が軽いと言われています。

その他にも漢方薬やサプリメントの購入を検討したり購入に踏み切ることもあります。症状が強い場合は、意を決して更年期外来を受診する人もいます。

でも女性であれば避けれない道ですが、自分で更年期になったと認めたくないものです。また更年期症状は人それぞれですごく症状に悩まされる人、まったく無症状で終わる人もいます。遺伝、体質、ホルモンバランスの違いによるものかもしれません。

そもそも更年期は、卵巣機能低下によりエストロゲンという女性ホルモンが減少します。エストロゲンは女性らしさをだすホルモンです。

まとめ

最近では大豆食品を摂取すると増えるなどと言われています。エストロゲンを増やせばホルモンバランスが安定し更年期症状が抑えられるのです。

なんとこのホルモンは美人ホルモンと言われ恋をすると増量するとか。そこで私の周囲の人で無症状の人を観察すると、韓流スターの追っかけ、ジャニーズのコンサート、サッカーのサポーターなど個々に楽しみをもちその人たちに熱を上げているのです。知らず知らずのうちにエストロゲンが上昇しているのかもしれません。

人間ですからイライラすることはあります。更年期のような周りに迷惑をかけません。更年期のイライラ感は自覚なく周囲に迷惑をかけます。妄想の世界で誰かに恋する気持ちを持続させエストロゲンを上昇させイライラ症状を予防しましょう。